« 市内5つの小学校で学芸会 | トップページ | 楽しみな経済建設常任委員会 »

2010年10月 4日 (月)

滝川市議会議員の報酬は538万円です 1千万円ではありません

 市民に議会が見えにくい現実

 昨日のことです。「清水さん、最近上から目線で話すようになったんでない?給料1千万円ももらっているって聞いて、家族でびっくりしていたよ」と言われました。地元紙が異常とも思われる提案とそれに対するアンケートを4週にわたり大きく掲載していることが、断片的に伝わっているようです。

 日本共産党は、実名で回答し、その概要が掲載された

 プレス空知(空知新聞社)は、議員報酬約500万円、定数18人を1000万円10人にして、議員専業化するという奇想天外と言われても仕方のない提案です。

Mimg_1339_2

議員全員に求められたアンケートへの、日本共産党の回答を掲載します。

    《プレス空知》 議員定数に関するアンケートへの回答

 議員活動活性化のためには報酬増ではなく

            定数増こそ必要です

                    日本共産党 清水雅人、酒井隆裕

1、滝川市議会における適正定数は何人とお考えでしょうか?

あわせて理由もお願いいたします。

 【回答】18人~22人。2006年7月、新政会、市民クラブ、公明党による削減条例提案に対し、日は本共産党は現状維持を主張し反対した。これ以上の削減は、さらに問題を深刻化する。

2、現在の定数は18人です。さらなる削減に賛成ですか、反対ですか? 

 【回答】反対

3、問2で「賛成」と回答された方にお尋ねします。妥当と考える削減数を理由とともにお書きください。

4、問2で「反対」と回答された方にお尋ねします。

   削減すべきではないと考える理由をお書きください。

 【回答】

  政党・団体等の支援がない市民が、より立候補しにくくなり、ますます無風化する。

※現状でもすでに、政党公認や労組・企業や産業界の支援、地域代表として認知された候補者以外は、当選困難と言えるのではないか。

  少数意見、多様な意見が反映されにくくなる

  市内全域の声を反映するためには、18人は必要。

※次期の4年間の重大課題は、学校統廃合の住民議論、スーパーがない地域対策、農業経営維持と後継者対策、老人見守りなど、地域・市民と密接に関わるものになる。

※滝川市の深刻な隠ぺい体質は一掃されておらず、チェック能力低下は避けるべき。

この4年間だけで、■いじめ自殺隠ぺい、■消防支署設計談合疑惑、■生活保護タクシー不正支出、■農業開発公社粉飾決算、■体育協会裏金、■55歳での職員採用など、重大不正が相次ぎ、議会はチェック作業に追われた。さらに今後も、社会福祉事業団の私物化問題や、農業開発公社損失補償責任問題、生保タクシー住民訴訟進行への対応が控えている。

  道内他市との比較で、滝川市議会は、すでに最も削減された議会と言える。(35市中、人口が滝川より多い17市はすべて定数が多く、人口が少ない17市中7市が定数が多く、1市は同じ、滝川より定数が少ないのは空知8市と留萌だけ。参考表添付)

問5、議員定数を削減し、その分議員報酬を上げることについて、反対でしょうか。賛成でしょうか。また理由をお願いします。

  【回答】反対。理由は、

  報酬を上げても定数を削減すれば、議員活動量は減少する。よって上記①~⑤は解決されるどころか、ますます悪化する。

  議員が各種団体に関係し市民と結びつくことは重要。しかし、度重なる定数削減で、多くの団体の会長・役員ポストに議員が付く傾向が増えるなど、議員専業化に逆行している。「議員専業化」のためには報酬増ではなく、定数増こそ必要。

6、弊社は議員定数10人、議員報酬年1000万円の実施を提案します。

 (現行は定数18人、議員報酬年567万円、議員報酬費総額1200万円)まち全体の活性化のため議員活動に専従していただき、今まで以上に提案・行動できる市議会の実現を願うものです。

 弊社案に対するご意見をお聞かせください。

【回答】提案されることに敬意を表しますが、内容には賛同できません。理由は、

①市長給与削減は常識であり、例として道内32市長のうち16人が1000万円未満の給与(2009年度、7/1道新夕刊)であり、市民の納得は得られない。

 ②議員報酬や年金等以外の収入が無いことを「専従」と言うなら、現在非専従議員は半数以上を占めています。報酬が増えれば、議員活動に専念できる方も、2,3人いると思います。しかし多数の「会社経営者」は、経営から離れることは困難であり報酬だけ増え、「専従」化は難しいでしょう。

 (※議員報酬、5,381,917円、副議長5,871,917円、議長7,013,678円です)                               以上

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

« 市内5つの小学校で学芸会 | トップページ | 楽しみな経済建設常任委員会 »

議会改革」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 市内5つの小学校で学芸会 | トップページ | 楽しみな経済建設常任委員会 »

フォト
無料ブログはココログ

滝川市・北海道・自治体関係

頼りになる道議会議員と予定候補

サイト集