« 東神楽町で議会が刑事告発 遅れた滝川市議会のチェック機能 | トップページ | 今年もよろしくお願いします。滝川市は最高の快晴のお正月を迎えました »

2010年12月30日 (木)

生活相談事例 その9 75歳以上夫婦の年金差し押さえられた

差し押さえ可の老齢年金とはいえ

国税徴収法 第77条(社会保険制度に基づく給付の差押禁止)で、 退職年金、老齢年金、普通恩給、休業手当金及びこれらの性質を有する給付が、差し押さえ禁止から除外されているが、今回の相談事例は、75歳と79歳の老夫婦。

 夫16万5000円、妻3万5000円、二人合わせて20万円。滝川市はこのうち、夫の年金を厚生労働大臣に差し押さえ申請し、許可を受け、差し押さえ調書を世帯に送った。

 夫は病気が重く、6月~7月に入院し、9万円の医療費も滞っている。血液の病気と言われ13種類の薬を飲んでいる。この法律では当然のように差し押さえが全額許されているわけではなく、最低生活費として、本人10万円、扶養家族1人4万5000円と、社会保険料を控除し、さらに16万5000円から引いた残りの2割を控除する。その結果の差し押さえ金額は年金支給ごとに約2万円であることが、28日に税務課に夫婦と行き判明した。

市からの郵便物には、「差し押さ調書」が入っているだけで、いくら差し押さえるのかも書かれていなかった。不安になり日本共産党に相談に来たものです。この夫婦は、病気が重くなるまでの10数年間は、完全に納付してきた普通の市民です。このように重い病気で生活が苦しくて支払えなくなったとたんに差し押さえるという滝川市の実態です。 

 私は税務課長と相談者の間に入る形で、改善・中止を求めましたが、ダメでした。ブログをごらんの皆さん、税務課対策など、ご指導いただければと思います。

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

« 東神楽町で議会が刑事告発 遅れた滝川市議会のチェック機能 | トップページ | 今年もよろしくお願いします。滝川市は最高の快晴のお正月を迎えました »

後期高齢者医療・国保」カテゴリの記事

生活相談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563011/50440005

この記事へのトラックバック一覧です: 生活相談事例 その9 75歳以上夫婦の年金差し押さえられた:

« 東神楽町で議会が刑事告発 遅れた滝川市議会のチェック機能 | トップページ | 今年もよろしくお願いします。滝川市は最高の快晴のお正月を迎えました »

フォト
無料ブログはココログ

滝川市・北海道・自治体関係

頼りになる道議会議員と予定候補

サイト集