« 第三セクター滝川グリーンズに不公平な下水道料金補てん 三セクへ支援の是非は 透明公正に行うべき 早急に必要な監査委員による監査と市の調査 | トップページ | 市政アンケート続々と返信されてきています 市民生活の厳しさが浮彫です »

2011年3月24日 (木)

廃屋の撤去など安全管理が条例化される答弁がありました 私だけでも10年近く質問を繰り返しました 

保育所の裏や 三世代交流センターの隣に

倒れそうな廃屋があるのに行政が手を出せなかった

8年たって ようやく実効性ある撤去条例化へ

明神町の旧居林電気跡、自衛隊前の床屋さんの裏、西町跨線橋の入り口、少し前の花月町フルール萌の前や第一パーキング横、スマイルビルの裏などなど、廃屋が市内に数十カ所ありました。私や山口議員などが、市として撤去に全力を尽くすよう取り上げて来ました。

先進自治体では

長崎市などでは、所有者の了解を得て、市が解体⇒撤去・廃棄⇒整地⇒土地売却⇒残金あれば所有者に返し、不足あれば所有者に請求という制度を条例化しているようです。

法律の弱点としか思えない

危険な家屋のせいで怪我をしたら、所有者にも責任があるので、所有者も困るはずと思うのですが、大手の金融会社が差押えたまま放置している例も多いと聞くと、世の中どうなっているのかと思います。怪我の補償の方が解体撤去費用より安いということなのでしょうか。

ともかく、今回の予算特別委員会で私の質疑に対して「3月議会に条例を提案する計画で進めてきたが、実効性が高いものをめざし時間をかけたい」と答弁がありました。

Khaioku20108

それにしても、これの所有者を誰かが民事裁判で訴えても勝てないのでしょうか。私には法律の弱点としか思えません。

はたやま和也さんのブログです

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

« 第三セクター滝川グリーンズに不公平な下水道料金補てん 三セクへ支援の是非は 透明公正に行うべき 早急に必要な監査委員による監査と市の調査 | トップページ | 市政アンケート続々と返信されてきています 市民生活の厳しさが浮彫です »

建設・環境」カテゴリの記事

議会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563011/51200998

この記事へのトラックバック一覧です: 廃屋の撤去など安全管理が条例化される答弁がありました 私だけでも10年近く質問を繰り返しました :

« 第三セクター滝川グリーンズに不公平な下水道料金補てん 三セクへ支援の是非は 透明公正に行うべき 早急に必要な監査委員による監査と市の調査 | トップページ | 市政アンケート続々と返信されてきています 市民生活の厳しさが浮彫です »

フォト
無料ブログはココログ

滝川市・北海道・自治体関係

頼りになる道議会議員と予定候補

サイト集