« 市民との対話重視と 前田康吉市長が抱負 私も臨時市議会で初質疑 | トップページ | 寒い日が続きます 菜の花畑 14日に35cmでした 桜は満開です »

2011年5月14日 (土)

国保税課税上限額引き上げは 厳しい経営の自営業者を直撃 経費引き後収入夫婦で600万円前後が増税に

経費引き後600万円前後の自営業者を直撃

9日の臨時市議会の続報です。

Kdsc_1914

写真は、Hさんが撮影した空知川河川敷のエゾエンゴサクです。

私は、3月30日付の専決処分「滝川市税条例の一部を改正する条例」に質疑・不承認討論を行いました。

選挙後初の質疑で是々非々の態度示す

日本共産党の最大の公約である0「国保税引き下げ」公約実現の立場から、しっかりと質疑・討論しました。

専決処分された内容は、国保税課税上限額を、医療分は1万円、後期高齢者支援金分1万円(以上74歳以下)、介護納付金課税分(40歳~64歳)額を2万円引き上げるもので、3種類とも上限の場合の世帯保険税額は77万円に上がります。対象世帯数は延べ459世帯、影響額合計533万円を見込んでいます。

私は質疑で問題点を明らかにして、不承認の討論を行いました。

5年連続増税で 3種合計では5年間に15万円も増税

反対理由の第一は、地方税法施行令改正にもとづくものとはいえ、5年連続であり、5年前と比較して15万円の引き上げであることです。

基金3億1千万円もあるのに増税

第2は、基金残高が3億1000万円に上る中で、553万円は十分吸収できる中での実施であることです。
 

収入600万円前後得層への増税は避けるべき

第三は、引き上げ説明で「中間所得層への税負担をさける」といいますが、対象階層は給与換算で522万円~728万円以上であることが質疑で明らかになり、農業、商工業などの自営業者夫婦として典型的な例であり、この人たちこそ中間所得階層なのです

道内35市中18市は上限未満で

設定していることが明らかに 

引き上げ説明の第2に「国の特別調整交付金が減らされる」といいますが、道内35市中18市は、課税上限を法令より低くしていることも質疑で明らかになりました。市の説明に根拠はありません。
 

「ゼロベースで検討始めた」と 前田市長 

前田市長は、国保税額引き下げ等のために3億1000万円の基金を取り崩すことについての質疑に対し、前市長の政策に対しては「各部局からヒアリングをしながらゼロベースで検討を始めている」と述べ明確な態度はこれからとの認識を示しました。

本当の是々非々とは何か 

問題点認めながら増税承認の討論

日本共産党以外17名の議員の態度が問われます

第一会派市民クラブ(7名)を代表して柴田文男議員が賛成討論に立ち「清水議員の指摘はそれぞれ妥当だが、国保会計の安定のため、協力が必要」などと述べました。私以外は全員承認しました。各議員が是々非々をあげますが、本当の是々非々とは何かを示した質疑討論でした。

はたやま和也さんのブログです

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

« 市民との対話重視と 前田康吉市長が抱負 私も臨時市議会で初質疑 | トップページ | 寒い日が続きます 菜の花畑 14日に35cmでした 桜は満開です »

後期高齢者医療・国保」カテゴリの記事

議会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563011/51663871

この記事へのトラックバック一覧です: 国保税課税上限額引き上げは 厳しい経営の自営業者を直撃 経費引き後収入夫婦で600万円前後が増税に:

« 市民との対話重視と 前田康吉市長が抱負 私も臨時市議会で初質疑 | トップページ | 寒い日が続きます 菜の花畑 14日に35cmでした 桜は満開です »

フォト
無料ブログはココログ

滝川市・北海道・自治体関係

頼りになる道議会議員と予定候補

サイト集