« 3消防本部が合併 広い地域を把握できるか | トップページ | 介護難民をこれ以上増やさない »

2013年11月19日 (火)

市民自慢のパークゴルフ場実施設計で中間報告

新パークゴルフ場の概要 市民説明へ
 料金は半日500円 空知川河川敷施設は廃止
まち自慢のパークゴルフ場の実施設計の中間報告が、11月上旬に各会派に説明されま
した。計画の概要は以下の通りです。
【場所と規模】石狩川河川敷の旧市民ゴルフ場つつじコース跡(平成橋の上下流)。72
ホール。総工費1億3千万円(うち国の交付金9400万円)
【工事日程】14,15年度で造成し16年9月に仮オープン
【料金】1日700円、半日(午前・午後)500円、市民以外は各200円増
【運営】滝川振興公社(第三セクター)に非公募で指定管理委託
【利用者数】15年平均で3万4800人
Kimg_3706_2

写真は西公園パークゴルフ場で行っている、年2回の町内会
の大会。みなさん楽しみにしています。

市民の納得が必要
説明会などで意見を
日本共産党市議団は、市民の健康増進と市民・団体からの要望が強いことを重視し、建
設に向けた実施設計に賛成しています。一方、パークゴルフ難民(ゴルフ場に行きたく
ても行けない市民)が発生しないように、①既存施設の存続と、管理への市の予算増②
新ゴルフ場の適正な料金設定などを強く求めてきました。 
しかし中間報告では、年間1万人以上が利用する空知川河川敷施設を廃止する方針です
。この施設に市は年間約30万円しか予算を支出しておらず芝刈など管理はボランティ
アです。廃止するメリットはまったくなく、利用者の反発は避けられません。西公園施
設は存続する方針です。しかしボランティアでの管理運営は高齢化で限界が来ているに
もかかわらず、従来通りパークゴルフ協会に依存する方針では非現実的と言わざるを得
ません。
合わせて3万人もの市民が無料で利用している既存施設に対する方針がこれでは、愛好
者の納得は得られないでしょう。今後市民説明会などが行われます。ぜひ参加して、疑
問や意見を伝えましょう。

 

« 3消防本部が合併 広い地域を把握できるか | トップページ | 介護難民をこれ以上増やさない »

滝川市の市政全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市民自慢のパークゴルフ場実施設計で中間報告:

« 3消防本部が合併 広い地域を把握できるか | トップページ | 介護難民をこれ以上増やさない »

フォト
無料ブログはココログ

滝川市・北海道・自治体関係

頼りになる道議会議員と予定候補

サイト集