« 2014年9月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年10月12日 (日)

自衛隊への名簿提供 今後は中止し閲覧で対応

自衛隊への名簿提出 数十年間も

住民基本台帳には、住民票抄本などに記載される情報が入っています。このうち4情報といわれる、氏名、住所、性別、生年月日が、官公庁によって閲覧されています。守秘義務の中で真に必要であれば、否定はしません。

Img_20140927_172109

9月26日の私の一般質問に対し「厳密に法令を精査したところ行きすぎだったので名簿の提供は中止する。今後は閲覧で対応する」と答弁。謝罪を求めましたが謝罪はありませんでした。写真は翌日の北海道新聞政治・総合版です。

必要があるのか 自衛隊募集のため特別扱いでいいか

滝川地域事務所(募集事務所)によると、中学3年生全男子生徒宅に毎年、自衛隊高等工科学校の紹介・募集資料をポスティングしています。同様に高校3年生男子生徒宅に、自衛官と防衛大学などの募集案内をポスティングしています。

他の官公庁に対しては、統計調査などの目的で数十人単位です。消防は75歳以上の独居世帯を閲覧していました。これらは常識的に必要性があると思います。

ところが、募集のために適齢期男子全員の名簿とは。時代遅れではないでしょうか。高度成長の時代、自衛官希望者は少なかったと思います。定員割れもあったのかもしれません。しかし、今は倍率もそれなりのはずです。情報も簡単に得られます。

自衛隊だけを特別扱いする時代ではないと思います。また、どうしても自衛隊法97条2項「防衛大臣は、警察庁及び都道府県警察に対し、自衛官及び自衛官候補生の募集に関する事務の一部について協力を求めることができる。」、自衛隊法施行令120条を維持するのであれば、事前に全生徒と保護者に了解を求めるなどが必要ではないでしょうか。

http://travel.blogmura.com/rpc/trackback/1/phs7sxplg5l5 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/phs7sxplg5l5 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

フォト
無料ブログはココログ

滝川市・北海道・自治体関係

頼りになる道議会議員と予定候補

サイト集