« 2014年10月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年1月20日 (火)

議会報告 子ども医療費 空知 道内 全国比較 

子ども医療費無料化は 国と自治体の最優先課題 

「子どもの医療費への市町村独自助成に格差が付き始めています」
 市議会第2回定例会でこの問題を取り上げました。「gougai.iryouhijyosei2015.1.pdf」をダウンロード

やっと完成しましたので 報告します

Gougaiiryouhijyosei2015120

お蔵入り寸前でした

 

 その後、7月にこの議会報告のため、かなり時間をかけて調べましたが、完成させていませんでした。それに、次期選挙準備や総選挙があり、お蔵入り寸前でした。
 しかし今日、日本共産党第三回中央委員会総会の報告で、統一地方選挙の優先政策として子ども医療費無料化に言及しました。
 また、議会と自治体1月号でも特集していました。
 
 助成の内容が、入院・通院、自己負担、年齢範囲で様々なので、表にしたり、順番をつけたりすることに異論もあると思いますが、私の議会報告ということで、ご理解いただきたいと思います。
 
 

 滝川市は、前田市長の公約の一つとして2012年4月から小学校就学前まで拡大し、保護者の負担は減少しています。
 しかし、中空知6市10町では、高校卒業まで自己負担なしが3町など、3市を除き中学校卒業まで拡大が進んでいます。道内35市では15市が進んでいます。
 全国でも3/4が小学校以上に
 今後、無料拡大に必要な財源額(国・道の補助金無し)は、小学校卒業まで無料化すると4790万円、中学校卒業までとするとさらに2400万円必要です(現在1700万円)。

財源に過疎債が使えるので、「大都市ほど遅れている」と前田市長が答弁しました。滝川市も南幌町とともに、空知の過疎債対象外の市町村なので、財源はたいへんとは思います。国の責任は明白です。滝川市でも党派を超えた運動が

http://travel.blogmura.com/rpc/trackback/1/phs7sxplg5l5 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/phs7sxplg5l5 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

2015年1月12日 (月)

君が代斉唱を考える

君が代斉唱を考える

 昨日の成人式があり、市議候補のたてうち氏とベルコ前で、恒例のお祝い宣伝をしました(写真無し)。式次第によると、君が代斉唱が初めにありました。
 また5日の新年交礼会では、毎年の君が代斉唱。

Kimg_1730

 7日の出初式でも始まりは、君が代の演奏に向かって敬礼でした。...
 これから卒業式、入学式と斉唱が続きます。
 
 

かつて、前教育長に「君が代」の意味を質したところ、「日本国民の総意に基づき、天皇を日本国及び日本国民統合の象徴とする我が国」というような答弁をしました。結局、戦前は「天皇の国」という意味だったけど、戦後は「我が国」という意味だと言うのです
 
 

主権在君の大日本帝国憲法時代の国歌を、そのままの歌詞で、主権在民の現在の国歌とした「国旗国歌法」は、問題でした。
 

しかし、もっと問題なのは、国歌だからということで、式典で斉唱をすることを式次第に入れてしまえば、歌うのが当然であり、礼儀であり、起立しない人は変人のようになってしまいかねないということです。

ところが、「君が代」に疑問を感じ、苦痛を感じ、昭和天皇には大きな罪があると考えるのは当然と考える人が少なくないのです。

帝国憲法 治安維持法 教育勅語 軍人勅諭 徴兵制 特攻 特高警察

植民地支配 すべては天皇の名のもとに行われた 

天皇が絶対的な権力者だった戦前、軍人勅諭で「上官の命令は大元帥の命と心得よ」と、無謀な作戦に追い立てられ、「生きて辱めを受けず」と、ナチスでさえした降伏もできずに、餓死や、突撃で死んでいった軍人軍属の悔しさを想えば、また治安維持法のもと反戦運動はおろか、進歩的な本を読むだけで逮捕され、日本共産党の活動家など、警察署で逮捕当日に虐殺された多数の人の無念を想えば、「天皇の時代が永遠に続くように」という意味の歌に疑問を持つ人がいるのは当然ではないでしょうか。
 

 それとも、「日本国民の総意に基づき、天皇を日本国及び日本国民統合の象徴とする我が国」と思って歌えとでも言うのでしょうか。
 

日本共産党は こう考えます

日本共産党は、天皇の行動と位置づけが、憲法の国事行為の範囲であることから、天皇制廃止の立場はとりません。つまり今は、実態としても法的にも立憲君主制ではないと判断しているのです。

しかし、特定の一族が法的に特別な待遇を受けることは、人間の平等や天皇家の人々の人権の問題があるとも考えており、象徴天皇制廃止について国民の十分な合意ができる段階で、将来的には、廃止を提起する時期が来ると考えています。

http://travel.blogmura.com/rpc/trackback/1/phs7sxplg5l5 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/phs7sxplg5l5 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

2015年1月11日 (日)

滝川民報 基金が3年でゼロに?

滝川民報1月11日号

2015111_minpou_kami_p1
2ページ

2015111_minpou_kami_p2



昨年11月に厳しい財政試算が示されました。日本共産党市議団の見解を今週の民報「2015.1.11 minpou.pdf」をダウンロード

に掲載しました。収支不足年5.5億円の3分の2は、消費税増税・電気料金値上げ・土地開発公社借金返済・人口減少と景気低迷など、国の悪政が原因です。

抜本的な所得増政策→賃金と中小企業を守る国政への転換が必要です

その場しのぎの地方創生に騙されることなく、低賃金と中小企業切り捨ての格差政治を変える、抜本的な国政転換が必要です。

そういう中で、どのような市政運営が必要か、日本共産党市委員会の市議選に向けた政策・提案を作成中です。

http://travel.blogmura.com/rpc/trackback/1/phs7sxplg5l5 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/phs7sxplg5l5 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

2015年1月 3日 (土)

滝川民報1月号外

明けまして おめでとうございます 

総選挙、12月議会、水道請願、年末と多忙でしたが、なんとか新年を迎えることができました。

民報号外をご覧ください。政務調査費問題は、道新が報じただけなので、知らない市民が多いのではと思います。1面です。

Image20151gougai1
2面です。

Image20151gougai2

今年こそ、政治を変える年にしましょう

暮らしと経営、子育てとお年寄りの生活、安心できる社会を実現する第一歩を踏み出しましょう。

約束を破る政党政治家、沖縄県民の多数意思を尊重できない政党政治家、目先の経済性を原発の危険性と廃棄物より優先する政党・政治家に、多くの国民が不信感を募らせています。

企業に賃上げを求めることは、制度で固定化された派遣・パートなど非正規低賃金労働者の賃上げにはつながりません。安倍自公政権の格差拡大政策にも国民は厳しい眼を向け始めています。

政務活動費・自衛隊駐屯地増強など大事な問題で、市民には説明しなくても良いという議員や市長に、厳しい眼を向けましょう。私たちの社会を良くするための議員や市長なのですから。

http://travel.blogmura.com/rpc/trackback/1/phs7sxplg5l5 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/phs7sxplg5l5 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

フォト
無料ブログはココログ

滝川市・北海道・自治体関係

頼りになる道議会議員と予定候補

サイト集