2011年5月 6日 (金)

82回メーデー滝川地区集会 原発問題を学習しました 「北電は泊でプルサーマル中止宣言していない」

5月1日は、1890年に時短をめざして、アメリカで始まったメーデーの日本での(?)82回目集会が全国で行われました。滝川集会は滝川労連などによる実行委員会が主催して総合福祉センターには約40名が参加しました。私は日本共産党滝川市委員会を代表して来賓あいさつをさせていただきました。

Kimg_2353

私は「82回滝川地区集会が、たくさんの参加で行われることをお祝いします。統一地方選の特徴の最大は、政権民主党が惨敗したこと。国民は、政権交代後の民主にノーを下したが、それに代わる勢力を見出していない。政治に対して模索している。沖縄米軍基地、TPPの混迷に加え、原発への対応遅れや復興財源などでも不信感が高まっている。政治を変えて、国民のくらしと命を守りましょう」と挨拶しました。

屋外でデモを行うのではなく、「学習メーデー」として行われました。

講師は、原発問題全道連絡会の菅野一洋代表委員です。

資料がたくさん用意されました。ありがたい!

「genpatsu_gakusyu2011.5.1-1.pdf」をダウンロード 「genpatsu_gakusyu2011.5.1-2.pdf」をダウンロード 「genpatsu_gakusyu2011.5.1-3.pdf」をダウンロード 「genpatsu_gakusyu2011.5.1-4.pdf」をダウンロード

「genpatsu_gakusyu2011.5.1-5-1.pdf」をダウンロード 「genpatsu_gakusyu2011.5.1-5-2.pdf」をダウンロード 「genpatsu_gakusyu2011.5.1-6.pdf」をダウンロード 「genpatsu_gakusyu2011.5.1-7-1.pdf」をダウンロード 「genpatsu_gakusyu2011.5.1-7-2.pdf」をダウンロード 「genpatsu_gakusyu2011.5.1-8.pdf」をダウンロード 「genpatsu_gakusyu2011.5.1-9.pdf」をダウンロード 「genpatsu_gakusyu2011.5.1-10.pdf」をダウンロード 「genpatsu_gakusyu2011.5.1-11.pdf」をダウンロード 「genpatsu_gakusyu2011.5.1-12.pdf」をダウンロード 「genpatsu_gakusyu2011.5.1-13.pdf」をダウンロード

国・電力会社に求めているポイントは以下です。

「mayday2011.5.1-2.pdf」をダウンロード

今後の原子力政策の根本的見直しについて

(1)国と道、電力会社は、原発の安全神話の破たんを率直に認め、技術的に未確立な原発・核燃料サイクル政策推進をやめ、安全優先の立場で原子力政策を根本的に見直すこと。
(2)地球温暖化対策を口実にする原発・核燃料サイクル政策推進をやめ、当面、国内での原発の新増設と海外への官民一体の売り込みを凍結・中止すること。破たんが明白な“もんじゅ”や六ケ所再処理工場は廃止すること。
(3)国は、国内での老朽原発の長寿命化や設備利用率9割以上の達成、定期検査間隔期間の延長など、老朽原発の酷使はただちにやめること。
(4)国内の原発の総点検を実施し、あらためて耐震性や大津波対策が不十分な原発や老朽化が進み安全性に不安が残る原発から計画的な廃止、廃炉化を進めること。
(5)阪神淡路大震災以降、日本列島全体が大地震の活動期に入ったとされている中、国と電力企業は、“原発震災”に備え、大地震にも大津波にも強い緊急時対策を確立すること。
(6)国と北電、電気率業連合会は、危険が増大するばかりの「プルサーマル」計画は中止・凍結し、全燃料がプルサーマル用のMOX燃料という世界にも例がない「大間原発」の建設を凍結・中止すること。
(7)北海道と幌延の核廃棄物の最終処分場化に反対し、地質も地盤も悪い幌延での高レベル放射性廃棄物の深地層研究計画は中止すること。
(8)国は、地質学者や地溌学者など研究者の総力を集めて、すべての原発周辺の海底活断層の調査を行い、安全性が保障されない原発は順次廃止すること

はたやま和也さんのブログです

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2011年2月23日 (水)

公益目的通報制度の改善を求める請願を総務文教常任委員会で討論採決を行い否決されました。 一部委員の討論は市が用意した資料の棒読みでした。賛否の考えは自由ですが、議会が市の対策資料棒読みはいかがでしょうか

公益目的通報制度の改善を求める請願 「seigan_kouekitsuuhou_kaizen2011.2.2.pdf」をダウンロード を総務文教常任委員会(山腰修司委員長)で討論採決を行い、新政会関藤達也委員、市民クラブ大谷久美子委員、無所属女性の会窪之内美知代委員が反対討論を行いました。討論内容は、反対のための反対のようで、実態をもっと見てほしいと思いました。私は、紹介議員として討論を聴きました。

Kimg_1641

「事情聴取すると通報者がばれるからすべきでない」

これが理由になるなら 誰も通報しなくなります 

関藤委員(新政会、みんなの党)は、「制定時に戻って検討した。滝川市は不祥事を起こした反省として、法令順守を目指し、通報の受付、第三者による調査、公平な審査、独立性がが高い審査会というしくみになっている。」その上で反対理由として「事情聴取を義務付けると通報者がばれる。」「捜査機関でない」「処分内容や再度の調査必要なし」と述べました。 
前段は勉強家らしい関藤議員と思いましたが、実態と向き合っておらず、改善しなければならない危機感が弱いと思いました。

①事情聴取で通報者がばれるとは、何を根拠にしているのか。事情聴取で誰かばれたとすれば、通報事実を知っているのは審査会だけですから、審査会メンバーに問題があるのです。請願者は通報書だけでは伝えきれなかった経験をもとに、「原則事情聴取すべき」と提案しているのです。

もともと公益目的通報は 職場人生かけた 献身的な行動 

通報者は内部通報であり、職場人生をかけて、第三セクターでの滝川市職員の不正を通報したのです。俗世間では、これを「ちくり」といいます。そこまでして通報しても、話も聞いてくれない。1片の通報書を出しただけで、「内容はわかったからもう聞く必要は無い」と審査会が言えば、もう言えない。これでいいのかというのが請願の主旨です。

被害者や告発者の言い分を聴かないのは 

          隠ぺいと表裏一体でないですか

いいたいことを聴く必要はない、書面で十分という考え方は、形式的には違法ではありません。しかし、隠ぺいの始まりではないでしょえか。

学校アンケートでいじめを記載しても、「訴えた人がばれるから」とかいろいろ理由をつけて、本人から直接聞かないのでは、いじめの解決はできません。聴いても聴かなくても良いというのは、隠ぺいしてもいいよと言っているようなものです。原則として聴くこと、特別な事情で聴かないことは認めるが、その場合は、通報者に理由を言うことを義務付けるべきです。

住民監査請求でも、請求書を提出してから、意見を聴き、証拠書類提出の場を設けなければ、前に進めないことが制度化されているのです。

人間関係の始まりは 聴くこと

2つの例を上げましたが、相談のはじまり、診察のばしまり、教育や指導のはじまり、子育ての始まりは聴くことです。およそ、文化的なことで、聴かない権限を無条件で認める制度はないと思います。

請願は 原則として事情聴取すべき と述べている

しかも、請願は「原則として通報者から事情聴取すること」と工夫しています。「義務付けることになる」などと曲解して反対理由にするなど、もってのほかです。

公益目的通報者保護法の1条(目的)は「この法律は、公益通報をしたことを理由とする公益通報者の解雇の無効等並びに公益通報に関し事業者及び行政機関がとるべき措置を定めることにより、公益通報者の保護を図るとともに、国民の生命、身体、財産その他の利益の保護にかかわる法令の規定の遵守を図り、もって国民生活の安定及び社会経済の健全な発展に資することを目的とする」と述べています。

この「通報者の保護」を一面的に捉えて、「事情聴取で通報者がばれるから反対」とは、考え方の違いではありません。通報者の置かれた実態、組織の実態の分析が弱いのではないでしょうか。1人対組織の状況に置かれている通報者の実態を良く理解して欲しいものです。百歩譲って「事情聴取すると、ばれるかもしれませんが、それでも話したいのであれば、機会をもうけます」というのが、審査会のあるべき姿ではないでしょうか。

審査会が「独立した機関」なら 

      丸投げ 内部調査をどう説明するのか

審査会は独立した機関だから縛るべきでないという主旨の理由も実態とかけはなれています。縛るのはいけません。しかし、今回審査会のとった行動は、独立した機関らしかったでしょうか。市に調査を丸投げしました。調査を市に依頼したのです。

 もっとも問題なのは 市の内部調査になったこと

  通報事実の対象者まで 調査メンバーにした 

 これを受けて内部調査を指示した田村市長は、本会議で疑問の答弁(市長いわく、「しどろもどろ答弁」22年第1回臨時会、添付ファイル2ページ目下から6行目「22rinjigikai_kousya_shityou.pdf」をダウンロード )を繰り返し、勝手に手形を振り出し、粉飾決算を主導し懲戒処分を受けた部下の報告どうりに、議会に虚偽答弁をし、虚偽報告書を提出した経済部長を調査チームに入れました。また、粉飾決算時の社長から事情聴取することを拒否しました。これがどうして独立性の高い審査会と言えるのでしょうか。

市が用意した議会対策資料を棒読みする議員も

なお、市民クラブを代表した大谷議員は、市が用意した資料を、半分程度棒読みしました。議員として独自に調べた様子がまったく感じられませんでした。大谷委員、窪之内委員の討論は続報します。

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2011年2月21日 (月)

17日、北海道陸運局を道に移管することに反対の意見書を滝川市議会で上げてほしいと、全運輸労働組合北海道地区協議会の小林議長さんら3名が中田翼市議会議長に陳情し 私が同席しました。

道内全市町村を回る意気込み 

中田議長に意見書案を手渡し、説明しました。意見書案はこちらです。「unyu_chinjou_2011.2.17.pdf」をダウンロード

中田議長は、「国の人件費2割はやってもらわなければならないが、安全は確保しなければならない。先日も羽田空港で、タッチアンドゴーを体験させられた(着陸するときにバウンドすることか)」と述べました。

Kimg_2155

小林さんらは、道内全自治体を訪問する計画で、この日は、午後に深川市議会に行くということでした。

陸運局が船舶、電車の検査、許認可も

陸運局の業務は、車検だけかと思っていたら、船舶検査、電車検査までということです。

 それを都道府県の仕事にしてしまうなど、民主党政権に疑問が増し、いい加減さにあきれるばかりです。
 

国民のいのち犠牲にする計画を監視しましょう

自動車や船、電車の構造上の問題を都道府県の体制で、検査を保証し、安全に責任を持てる体制ができるとは到底思えません。国は、人件費2割削減のためなら、国民のいのちを犠牲にするということでしょうか。国交省の計画づくり、進め方、国会審議から目が離せません。

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2010年12月 1日 (水)

一の日行動 In 札幌駅前

 今日は、住民訴訟の弁護団会議に出席した後、駅前の労働組合の定期集会に参加しました。滝川でも行っている「一の日行動」です。

 国鉄は、特定の組合加盟者を狙い撃ちで解雇しました。その結果、1047名が23年間の長きにわたり、職場復帰を求め、数多くの裁判で労働者の権利、雇用主の義務を問いただしました。

 ついに、6月28日最高裁で和解が成立。解決金は一人平均2205万円です。解雇してから、1年あたり100万円を国が支払うことになったということでしょうか。

 金額だけではありません。1047名は、他の仕事をしながら、復帰するために労働運動をしてきたのです。ところがJRは、50代はおろか40代の人でさえ雇用しないという姿勢です。これでは、不当解雇に対する十分な反省が感じられません。本当に冷たい。

 権力の横暴を許さないために、献身的に闘った1047名の方々と多くの支援者に心から敬意を表します。

Kimg_1296

 闘いは、自分達だけのためではありません。働いても働いても食べていけない今の使い捨てのような雇用実態を改善するために、この日は「タクシーシンポジウムを12月に市内で開く」と報告されました。
 争議団も加盟する建交労という労働組合からの報告です。

また、道労連の相談室長さんは、沖縄県知事選の応援の報告をしました。沖縄県民に、二度、三度と冷たい仕打ちをする政治をなんとしても変えなければと思います。

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

2010年11月 6日 (土)

常任委員会視察で北日本精機とホリ 本当に勉強になりました

Kimg_1415

北日本精機株式会社は 世界的ベアリングメーカー

 

 外径数ミリほどの超小型など特殊なベアリングの受注生産で世界各国に輸出している先端企業の工場視察は、実に刺激的でした。

 身近なものではプリンターやFAX機の回転部などに使われています。世界でのシェアは1%程度との説明にまたびっくり。ところが、同性能の他社品と比較すると、不良品が少なく、低価格である強みで、「多品種少量生産の分野では、長く安定した経営を続けていける自信があります」と幹部の方が述べていました。

Kjpg10000

 自動ラインと 徹底した品質管理

 秘密は、汎用規格以外で少ない数量でもすぐに納入できる「自動ライン」です。工場には100ラインを超す、ベアリング自動製造装置が並べられており壮観でした。さらに全数検査に大勢の労働者が汗を流していました。

 検査の一つ目は、機械が自動で行うもので、回転で生ずる摩擦音を測定し、回転で生ずる音が大きいものを除外します。さらに目視で傷があるものなどを除外します。自動ラインと検査に多くの労働者がたずさわるのを見て、これが世界に通用する技術だと感じました。

 Kimg_1414

 

円高は経営に関係ない

その他、説明を受けたことは、

・ベアリング、100年前よりほとんど変化なし。

・上海に工場あり、世界に商品を輸送している。

・品質そのものが格段優れている。中国製品100個のうち70個に対し、日本制品は100個全品確実使用できる。

・中国製品より価格は倍であるが、すべて売れている。

・西芦別で行政協力の上で、当初所有地確保。営林署3カ所から2カ所に減らした。

・間伐材処理。3年前より間伐材にとりかかる。?

・2年前からペレット(ストーブ)製造。

・社長は東京都で生まれ、大手べヤリング会社に就職し、札幌市に移転。営業権を譲り受けて、昭和44年8月、三井芦別に協力をいただき、芦別に会社設立。

・上芦別に昭和56年11月創業~西芦別の病院を譲り受け、平成5611月稼働。

・勤務体制~65以上15名(4時間勤務:年金に影響しない程度)

・物流~○○

・7割が海外へ輸出。小箱梱包のため輸送時間は短時間。誤差は無い。

・ヨーロッパまでは時間がかかるが、日本国内では優れた業種である。

・世界的に適用性は高い。

質疑応答

○円高の売り上げへの影響は

  ・ない。単価近年変化なし。

企業誘致 東海ベルト地帯の中小メーカーを探せ

○土地の安さは、本州の中小メーカーには大きな魅力。不況でも、設備投資が必要なメ 

 ーカーが多い。本州の土地を売った資金でここなら広い土地が手に入る。

 同社は、西芦別に数十ヘクタールの土地を購入し、新たな工場建設と関連企業誘致を 

 計画している。すでに鋼球メーカーが進出している。工場のほかにも従業員が造成し

 た分譲地に家を建て、社員寮、中国子会社からの研修員寮もある。市営団地は底地を

 すべて同社が買い取り、市も現金を手に入れている。その土地は市に賃貸している。

 このように西芦別は、企業城下町のようになっている。

Kimg_1416

○採用についてはどうか

  ・1520名は毎年採用している。7割が芦別工業高校卒業生である。平成23

   採用予定者数は、16名。芦別工業高校8名、滝川工業高校3名、砂川高校3  

   名、富良野高校1名

※毎年採用者するのをモットーとしている。芦別市卒業生は地元なので、優先す  

 るようにしている。

  ・中国人は上海に工場があることから、5年置きに採用。

○寮は完備されているのか。

  ・寮はある。近年中国人専用寮建設(入居者50人)した。寮内では日本語の会話を

しないため、日本語が堪能でない。

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

フォト
無料ブログはココログ

滝川市・北海道・自治体関係

頼りになる道議会議員と予定候補

サイト集