2015年4月 9日 (木)

佐藤のりゆきさんの演説です

https://www.youtube.com/watch?v=0TGIpFup7PY

北海道知事候補 佐藤のりゆきさん。原発ゼロをはじめ、

日本共産党が参加する明るい革新道政を作る会は、

4つの共同目標で基本的な一致・共同しています。

あと3日間で、新知事を誕生させましょう。

http://travel.blogmura.com/rpc/trackback/1/phs7sxplg5l5 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/phs7sxplg5l5 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

2013年11月 6日 (水)

3消防本部が合併 広い地域を把握できるか

めっきり寒くなりました。好きなママチャリに乗っても、暖かくなるには、必死にこがなくてなりません。9月ころ、滝川~三笠~富良野~滝川を回りました。大型バイクでツーリングしている人がたくさんいました。

        1383713690630.jpg

三笠から芦別に抜ける道道のすぐ下にある、三段滝。力強さに感動しました。

http://www.city.ashibetsu.hokkaido.jp/syokokanko/kankou/kankou/kankou_meisyo.html

頼城(らいじょう)とはいっても、ひたすら人家もなく絶景街道が続く場所。芦別は広い。

今年、3消防本部の合併がありましたが(滝川地区消防事務組合・滝川・新十津川・雨竜と赤平と芦別。日本共産党は反対)、これだけ広い地域を把握するのは無理があると実感したものです。

なお、道内の消防本部の統合は、国や道の思惑がはずれ、ほとんど進まない状況です。合併で人・物・金の効率化がはかれると言いますが、自衛隊を減らして、消防を強化すべきです。

2011年8月31日 (水)

3号機の運転停止とプルサーマル計画中止を求める しんぶん赤旗が またもやスクープ

9月市議会定例会が8日(木)から23日までの日程で始まります。日本共産党が提出した意見書案を掲載します。意見書は、議会運営委員会にかけられ、3会派が全会一致の場合のみ、本会議に提出されます。日本共産党は1人のため、オブザーバーです。さぁ、いい風をつかんで風上ヘ上るぞ!

意見書案は、道知事及び道議会議長に対するもの

2011826

しんぶん赤旗が ほくでんの「やらせ指示」をスクープ

上記の写真はほくでんの記者会見

赤旗スクープ(26日朝刊)→共産党道委員会記者会見(午前)→ほくでん記者会見(夜)→一般紙報道(27日朝刊)

道と4町村と北電の協定書に違反

北海道は、「泊発電所周辺の安全確保及び環境保全に関する協定書」を関係4町村と北海道電力株式会社の間で結んでいます。
ところが8月26日、北海道電力株式会社がこの協定に違反する事実が明らかになりました。それは、2008年10月に、道と4町村が共催した「プルサーマル計画に関する公開シンポジウム」で、社員に推進意見を述べるような社内通達を送っていたものです。

プルサーマル計画は地元了解が前提
シンポジウム結果誘導の事実や意図があったとすれば、協定書第2条(計画等に対する事前了解)「丙は、原子炉施設及びこれに関連する主要な施設を新増設し、変更し、又は廃止しようとするときは、甲及び乙と協議し、事前に了解を得るものとする」に多大な影響を与えたことになり、協定違反の疑いがあります。さらに、事前了解が得られなかった可能性もあります。

北電グループ報にも

http://www.hepco.co.jp/ato_env_ene/environment/action/pdf/repo2009_02.pdf 

事前了解が前提であったことは「泊発電所3号機のプルサーマル計画について、2009年3月に北海道および地元4カ町村(泊村、共和町、岩内町、神恵内村)から安全協定にもとづく事前了解をいただきました。今後は国による安全審査などの手続きを着実に進めるとともに地元4カ町村をはじめ広く皆さまのご理解をいただくための取り組みを継続して実施します」(ほくでんグループサステナビリティレポー2009より引用)からも明らかです。

3号機稼働了解にも影響
さらに、高橋はるみ北海道知事は、北海道電力泊発電所3号機について、
ストレステスト二次評価の対象とし、原子力安全保安院に加えて原子力安全委員会が検証したことを運転容認の根拠としました。しかし、原子力安全委員会は報告を受けただけであり、安全を評価すべき作業を行ったとは言い難いものです。

さらに、今回の「やらせ事実」の発覚は、プルサーマル計画はもとより、3号機稼働の前提までをも根底から覆すものです。
よって北海道は、泊原子力発電所3号機の速やかな運転停止と、プルサーマル計画の中止を、政府に求めることを要望するものです。

はたやま和也さんのブログです

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2011年6月 1日 (水)

中・北空知廃棄物処理広域連合議会 閉会宣言した後 ザワザワの中で再び説明 議会運営整備が必要

昨日の菜の花です

Image2011531

中・北空知廃棄物処理広域連合の臨時議会が昨日13時半から滝川市総合福祉センター4回講堂で行われました。

菜の花まつりブログ(観光協会)はこちら http://www.takikawa-nanohana.com/

 5市9町から合わせて18名の議会

滝川市からは、水口議長、坂井英明議員と私が、広域連合規約にもとづき選出されました。

この日の議案は、①議長に水口典一滝川市議が選出され、②監査委員(議会選出)に、東英男砂川市議が選出されました。

一般会計予算繰り越し明許費

私は③報告第1号「平成22年度一般会計予算繰り越し明許費の繰り越しについて」について質疑しました。繰越額は4億8171万9千円です。「繰り越し明許費」とは、普通の繰り越しと違い、前年度の予算目的のまま繰り越されるもので、複数年度にわたる事業などで行われます。今回は、昨年11月8日に一般競争入札で日立造船(株)が46億601万4千円(88.44%)で落札した「焼却処理施設建設工事」が4年度にわたり施工される中で、予定していた5億8千万円ほどのうち、支払残額を繰り越したものです。

私は、製造施工の進捗と震災の影響などを質疑しました。事務局長答弁では①ボイラー材料など事前協議が済んだ分は支払われた②震災影響はケーブルなどであるが、全体工期に影響はないなどでした。

閉会宣言した後 ザワザワの中で 議会運営整備が必要

議長が閉会を宣言し、議会が終わりました。私は、当然、議運がない議会なので、非公式の協議の場がもうけられるとか、23年度事業について説明があるとか23年度事業について説明があるとか予想していましたが、何の前触れもないので、議場は席を立つ中で、事務局長が「説明がありますので残って下さい」などという、ドタバタ進行となりました。その後資料にもとづき説明がされ、私も幾つか質問をしましたが、他の議員からは何の発言もありませんでした。

ホームページをご覧ください。http://www4.ocn.ne.jp/~nakakita/index.html 廃棄物処理のための「広域地方自治体」ですので、情報公開が命です。ホームページの内容は、職員数やエコバレー撤退を受けたドタバタ経過から70点は付けても良いと思いますが、住民の立場を考えればそのように「大目に見る」ことはできません。私は、本設計も収支見通しもなく進んでいることは大問題。詳細設計終了する11月まで示せないというのでなく、各段階でホームページに載せ、構成市町と全議員に配布することを求めました。

発言者は日本共産党の私だけ 政治を変えるなら日本共産党へ入りましょう  

議会では私が延々と議事録発言することのデメリット(浮いてしまう)を配慮し、この程度に納めました。それにしても、他の議員はどうしてこうも、発言しないのでしょうか。滝川地区広域消防事務組合議会(1市2町、議員9名)では、滝川市の田村勇、荒木文一議員と3人でよく質疑していたのが思い出されます。

これからの課題は①情報公開条例制定(滝川市条例準用で済む)②議会運営の改善(運営について意見交換の場を開会前に持つ)③一般質問制度を、空知中部広域連合(1市5町、本部奈井江町役場内)のように作るべき④委員会がないのが普通であり、定例会も年2回しかないので、臨時議会でも行政報告すべきなどです。

1日6500円の議員報酬と、2キロメートル以上からの通勤手当(バス代相当)を得ているのですから、この広域議会だけでなく、他の広域議会も一生懸命調査し、問題が生じないように、行政に発言して指摘、改善を求めなければなりません。

はたやま和也さんのブログです

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2011年3月31日 (木)

いよいよ道議選挙 真剣に選ばなければ 生活も文化もよくならない 道議選では日本共産党が躍進できるかどうかがすべてと言っても過言ではありません

大事な知事選挙が行われていますが、30日、臨時道議会が開かれ、高橋知事は原発推進姿勢に変わりないという答弁をしたようです。

もろい未完の技術に人類の命運を預けるわけにはいかないということがわからないのでしょうか。少なくとも見直しはしなければならないはずです。

道単位の議会には広域連合議会もある

Kimg_1765

写真は、北海道後期高齢者医療広域連合で質疑討論する私です。この広域議会には、札幌市長をはじめ16人の市町村長さんが議員として参加していますが、4年間に発言したのは、今国会議員になった伊東釧路市長(当時)の1回だけです。日本共産党の中橋幕別町議と私は、毎議会質疑討論をしてきました。時々ブログでも紹介してきましたが、議員にしかできない議会質疑・討論もしないのであれば議員になるべきではありません。

HPもやらない道議会議員はいらない

地元や空知支庁区にも道議がいますが、まともな議会報告はされません。日本共産党の滝川市議会報告との比較をするまでもありません。

そもそもHPをまともにやっていない道議では、この広い北海道の課題を多くの道民に知らせる努力を怠ってきたとしかいいようがないでしょう。

明日からの道議選では棄権・白票もやむを得ない選択かもしれません。

はたやま和也さんのブログです

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2011年3月18日 (金)

道議会質問回数 ナンバーワン 真下紀子議員(旭川市選出)の最近の質問を紹介します 『天下り 道があっせん/「能力活用」でなく「連絡調整」役 知事に中止迫る』

道議会3月定例会の予算特別委員会で

 日本共産党の真下紀子議員が知事総括質疑

 道議会予算特別委員会の知事総括質疑が8日開かれ、日本共産党の真下紀子議員が、道庁幹部の天下り実態について、高橋はるみ知事の認識を問いました。

Atukeshi_chousa1

釧路地方太平洋沿岸の津波被災地を視察する真下紀子道議 ホームページhttp://www.mashita-noriko.jp/

団体からの要請で 23名が天下り  

あっせん中止する気ない高橋知事

要請に対し紹介しないよう 日本共産党は求めています
 

 高橋知事は「昨年度未に退職した本庁課長級以上の職員のうち道に対し、団体等から人材紹介要請があり、これに基づき再就職した者は23名、それ以外の手統きにより再就職した者は61名」と述べ「道職員として長年培われた知識・経験などの能力を活用したいという団体等からの要請」と答弁しました。
 真下議員は「人材紹介」の23人のうち、民間企業からのあっせん依頼はほとんどなかったことを明らかにし、団体に「天下りをあっせんするのは中止すべきだ」と知事に決断を求めました。
 高橋知事は「要請に応え、情報提供することは一概に否定されるものでない」などと答弁。天下りのあっせんは「能力の活用」ではなく、道との連絡調整となっている実態を浮き彫りにしました。

団体から団体からへの渡り鳥 途中民間で雨宿り 

              保護する鳥を間違っている  

 真下議員は道幹部が退職後、団体などを渡り歩いてその都度退職金を受け取っている「渡り鳥」について、「ときどき民間で雨宿りし、保護されている」とその「生態」を告発し、「道は保護する鳥を間違っている」と天下りについての知事の姿勢をただしました。
 

 知事の退職金 4年で3600万円

 高橋知事の退職金について真下議員は「1期4年で3600万円は多すぎる」と迫りました。高橋知事は「民間有識者の懇談会で『妥当』との意見をいただいている」と答えました。('11年3月9日付「しんぶん赤旗」掲載記事より)

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2011年3月 1日 (火)

「TPPでどうなる私たちの食卓とくらし 空知の農林業と地域経済を考える講演会」が28日、約200人の参加で行われました。地域が一丸となり参加阻止する一大イベントとなりました

平日の午前中でしたが、中・北空知の各界から参加

Kimg_2210

牧島良和浦臼町議の司会ではじまりました。

Kimg_2205

開催地滝川市長の挨拶は、市長が議会のため、経済部長の若山茂樹氏が挨拶しました。以下挨拶全文です。

滝川市長代理 若山茂樹経済部長が挨拶

Kimg_2195
本来なら市長がきてご挨拶するところですが、10時から一部事務組合議会のため参加できません。変わってご挨拶します。

2006年チリ、シンガポール、ニュージーランド、ブルネイ4か国ではじめた。これにアメリカ、オーストラリア、ペルー、ベトナム、マレーシアが参加表明をしている。

政府は11年秋妥結めざし拡大交渉を始めていると聞いている。日本も突如管政権が参加を検討することを表明。前原外務大臣は参加前提として、GDP1.5%を守るために、98.5%のかなりの部分が犠牲になっているというとてつもない発言をした。内閣府、経済産業省、農水省3省庁のおもわく絡みバラバラの試算を出している。

内閣府。GDPが2.2兆円から3.3兆円に増えると楽観的な見方。経済産業省、はTPPに参加しないと、韓国などに遅れ、2020年度までに10.5兆円減少し、雇用も81万人以上減るというとてつもない報告している。農水省は、参加阻止したいと考えている。他国から大量に安い農産物が輸入されると多く農家が経営をやめざるをえなくなる。農業関連4.1兆円減少。GDP全体でも79兆円減少する。環境面で3.7兆円損失、340万人の雇用が失われる、食糧自給率も14%まで落ち込む試算。3省庁バラバラ。道庁試算は、対象年度20年度で試算、米、7品目対象に試算。2兆1254億円減少、うち農業産出額5563、米1130億円、小麦418億円、農家戸数33000戸減少する、雇用173000人減少。滝川でも約9割近くが影響を受け、ほぼ壊滅状態に近いまで追い込まれるということで、大きく危惧している。過去農産物の輸入促進政策が、少数の自動車、家電メーカーが作り出した対米貿易黒字問題解消のためのスケープゴートとして、農産物、繊維、木工製品など地域産業が急激に衰退したのは記憶に新しい。政府は6月を参加の最終判断の時期にしている。日本のほとんどの自治体は、農家、中小企業、協同組合、NPO等の経済活動で成り立っている。それらは、単に所得や雇用生み出すだけでなく、経済以外でも、人材するという。農家、組合、地域成り立っている。地域社会維持、国土保全担う人材育成など大きな役割を担っている、滝川市も、市長、市議会一丸となり、TPP参加は絶対に許されないという強い意欲持って、道内関係団体と協力して取り組んでいる。今日は鈴木東大教授の貴重な講演聴ける。今後の私たちの活動の大きな道しるべになることを期待する。主催団体の宮井代表らに敬意表するとともに、一層の発展祈ります。

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2011年2月28日 (月)

「TPPでどうなる私たちの食卓とくらし 空知の農林業と地域経済を考える講演会」が、今日10時から三浦華園で行われます 34ページの資料が超必見です 国同士の経済連合に近い重大事を国民不在で進める民主党政権にノーを

TPPでどうなる私たちの食卓とくらし

空知の農林業と地域経済を考える講演会 

今日10時です

今日10時から三浦華園で行われます

講演会のプログラムです「tpp_dounaru_suzuki_kouenkai2011.2.28.pdf」をダウンロード  

基調講演は東大教授 鈴木宣弘氏 

34ページの資料だけでも 超お得です

昨夜、講演会の準備作業のお手伝いに行きました。膨大な資料の印刷もしていました。聴いていると「鈴木さんは、27日根室で講演して、夜中の12時に滝川に入ってくれるんです」ということです。私たちも、TPPの研究をしっかりやります。

 時間が少ない準備期間で 多くの自治体・団体が後援

「会」の宮井代表は、「鈴木先生のスケジュールに空知を入れれそうだという子とになり、急遽、日程を繰り上げた企画。時間があればすべての市町が後援してくれたと思う」と述べています。

市町村では、滝川市、赤平市、芦別市、砂川市、奈井江町、新十津川町、浦臼町、雨竜町、北竜町。

農協では、JAたきかわ、JA新すながわ、JAピンネ。

その他、赤平市農業委員会、砂川市農業委員会、江部乙土地改良区、新十津川土地改良区、浦臼土地改良区、中空知農業共済組合
北海道新聞社などです。他にも、数市町の商工会議所や建設協会も後援しているようです。

TPPは、農業だけの問題ではない

地方議員の感覚で表現すると、経済面での国同士の広域連合、または一部事務組合のようなものに思えます

民主党政権にノーを

このような重大事を、マニフェストにも書かず、国民不在で数カ月の期日を決めて、国同士の話し合いに入ろうとする民主党政権に怒りを覚えます。TPPの署名や市長・市議選で対話していると、「民主党はいったいどうなっているのか」という怒りの反応ばかりです。

民主党の地方議員は 二枚舌への批判に説明を

民主党の地方議員は、「私はTPPに反対です」「私は沖縄県内基地に反対です」では、国民の理解は得られません。基本問題での違いは、公約違反です。納得いく説明を有権者にすべきではないでしょうか。

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2011年2月27日 (日)

明日、三浦華園で10時から、TPP講演会が開かれます。第一人者の鈴木宣弘東大教授が、すべてをお話しします。主催は「空知農業を考える会」、後援は、滝川市、砂川市、赤平市、奈井江町、新砂川農協、空知森林組合など多数です

明日月曜 三浦華園 10時から 無料です

明日、三浦華園で10時から、TPP講演会が開かれます。

内容勉強したい方 必聴です

第一人者の鈴木宣弘東大教授は、テレビで引っ張りだこで、北海道にもしょっちゅう来ている方です。すべてをお話しします。

「CCF20110227_00000.pdf」をダウンロード

地域主要団体も後援

主催は「空知農業を考える会」、後援は、滝川市、砂川市、赤平市、奈井江町、新砂川農協、空知森林組合など多数です。

滝川市長は一部事務組合議会出席のため代理が挨拶します。

国民が知らないまま 

進める民主党政権の異常

とにかく、影響ははかりしれません。日本の針路に正しい情報を国民が得ていません。今、署名で市内を回っていますが、tppという言葉は知っていても、内容は知らない人がほとんどです。

農業伸ばしたい人は反対を

昨日も「賛成、日本も大規模農業にしなければならない」という人がいました。そこで、作れば作るほど赤字で、そもそも、平原と山間地の条件が違うこと、ヨーロッパでさえ、北海道の耕作面積の数倍程度であり、アメリカ、オーストラリアとは競争にならないなどの話で盛り上がりました。そして署名していただきました。ご本人は、日本農業に伸びてほしいというのが一番の願いだそうです。

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2011年1月16日 (日)

後期高齢者広域連合議会報告です。北海道という広い広域連合議会 の改革へ様々な提案

 後期高齢者医療制度の発足から2年目の決算を主な議案とする定例広域連合議会が、昨年11月に開かれました。

 この議会で私たちは、75 歳以上を別建ての医療制度に囲い込制度の実態を検証しました。

 また、民主党政権が公約に反して現行制度を引継ぐ「新制度」に移行しようとしていますが、これに対する広域連合の認識と対応をただしました。

 論戦で明らかになった お年よりいじめの実態

①保険料が2年ごとに必ず値上げになる制度上の問題点

②保険料は個人単位なのに、軽減措置は世帯単位という理不尽な保険料制度

③後期高齢者に対する   別建ての診療報酬 の導入と 医療費抑制、健診事業の改悪、受診率の大幅低下

④保険料滞納者に対する短期保険証の発行、葬祭費支給の大幅な遅れなど、現行制度の矛盾と高齢者いじめの実態が明確になりました。
Kimg_1758

幕別町議の中橋友子議員の再質疑

 負担軽減と受診抑制対策を提案

①保険料や医療費一部負担の軽減免除の拡大

②他都府県との比較でも高い保険料の値上げ抑制や健診費自己負担無料化、葬祭費の引上げ

など、防波堤の役割を発揮するよう求めましたが、前向きの答弁を引き出すに至っていません。

広域連合議会 のチェック機能を高める提案

①議会構成の見直し

②一般質問制の導 入

③議会報告活動などへの政務調査費の交付など

議会改革に関する提起も行ないました。

Kimg_1764

討論する 私

 「質問時間長い」などと 議会運営を改悪

 ところが、今回の議会 のなかで、私たちの質疑時間が長すぎるとか、議題外の質疑が多いなどとして、 議事整理を求める発言が飛び出し、これを受けて2回の議会運営委員会が開かれました。

1回目の議運では、私たちの提案について若干論議されましたが、結論に至らず、年末も押し迫った12月24日、2回目の議運が開かれました。このときは、私たちが提起していた 議会改革の提案についてはほとんどまともな検討も論議もないまま、質問時間を答弁含めて30分以内に制限する提案がだされ、

 答弁含め40分以内に 一般質問は引き続き実施せず

 結局答弁含め40分以内に制限することが強行されました。開かれた議会に反するものであり、 まことに遺憾です。

すでに第2回定例議会から2ヶ月が経過し、2月18日には、新年度の当初予算議会が予定されています。 私たちは、質問時間制限にめげず、高齢者の命と健康を守る立場に立って、引き続き全力をつくします。

 日本共産党の議会報告をご覧下さい

日本共産党北海道委員会が作成した 議会報告第10号「kouki_jcp_gikaidatori_no.10_2011.1.5.pdf」をダウンロードです。率直なご意見をお寄せ下さい。今後ともよろしくお願いします。

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
フォト
無料ブログはココログ

滝川市・北海道・自治体関係

頼りになる道議会議員と予定候補

サイト集