2011年11月20日 (日)

自校方式か親子方式か 保護者説明会やアンケートで声を聴く市教委 

学校給食施設整備方針案で説明会                                 七会場に七十人の保護者が参加
給食が一番楽しい」の声

十月末の教育委員会議でたたき台としてまとめられた案について、十一月十八日から三十一日まで各小学校を会場に小中学校の保護者説明会が開かれました。参加人数が少なかったことは残念です。今後は、子どもたちにとって最善の給食施設になるような議論が必要です。

説明にもっと工夫を
 資料に写真や図が少なく新しい施設の広さや間取り、新たに始めるアレルギー対策食の概要についてイメージがわかないという印象でした。そのため、質問や意見も直接関係ない給食費の未納問題が多く出る状況でした。
 

Img_3257

アンケート始まる
 7日から小中学校の全保護者に配布され十四日までに回収されます。自校方式、親子方式、センター方式の比較表が説明書に掲載されていますが、説明会参加者からの指摘を取り入れ、わかりやすく、誤解を招かない内容に改善されました。
 

問題多いセンター方式
 七日、全保護者に説明資料として配られた説明書の特徴は、センター方式の問題点として以下を指摘していることです。①少量生産の地元野菜を使いにくい②万が一食中毒が発生した時の影響が大③調理の様子が子どもたちに見えないなど

 親子方式か自校方式か  

アンケートで親子方式と自校方式のどちらを多くの保護者の皆さんが選択するのでしょうか。
 説明書では自校方式の方が、費用がかかり整備期間が遅れるとしています。一方で安全安心と食育では自校方式の良さを強調しています。
 アレルギー対策食(除去食や代替食)は、どの方式でも実施されます。 
 整備期間は、各校の大規模改修時に行うため、親子方式で二〇十七年度、自校方式で二〇二十一年度となります。これでは時間がかかりすぎるのではないでしょうか。大規模改修の前倒しが必要です。
 

共に考え 改善を提案
 日本共産党は、新日本婦人の会滝川支部と協力して少しでも良い施設、良い給食になるように活動しています。

①説明会に参加して問題点を指摘し、改善すべき点を提案する

②親子給食が実施されている江部乙小学校と中学校の視察

③市教委との懇談の実施などです。

Img_3294

(写真は江部乙小学校から江部乙中学校に食缶を運ぶところ。新日本婦人の会と日本共産党市議団の視察で)

食育の充実を実現しよう

子どもたちの「食の乱れ」は、朝食抜き、コンビニ弁当、家族団らんの減少など深刻です。また、老朽化した調理施設は、応急的改修が行われていますが、安全安心の給食を提供するため一日も早い整備が必要です。説明会での「一番楽しみなのが給食。麺やパンの回数も増やしてほしい」」アレルギー対策は素晴らしい」との声が印象的でした。

はたやま和也さんのブログです

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2010年10月31日 (日)

廃止も決まっていないのに 東栄小は「地域資源」 まち懇参加者に動揺 進め方に問題あり

東栄小学校地域でまちづくり懇談会

Kimg_1457

 15日に行われたので、10月中に報告しておきます。

最大のテーマ 東滝川地域のまちづくり

について「東滝川地域の振興を考える懇談会」(仮称)を設置することを高橋総括理事が説明しました。内容は

①地域の維持発展に向けて具体策を検討し推進する

②来年3月までに計画をまとめる

③メンバーは、各町内会長と滝川市、などです。

住民が違和感を表明

ここで「地域資源」として、「東栄小学校・体育館・プール」が示され、「学校は跡地利用等について議論してほしい」などと説明したことについ、数名の住民が発言しました。

「小学校がなくなると書いてある」「参加者に動揺がある。いつ決まったのかとざわめいている」「社会情勢考えれば廃止は当然かもしれないが、賛否両論ある。これまでの説明会に来ていない人もおり動揺している」などと続きました。

 米田連合町内会長は「連合会として賛否は言えない。新十津川町でも統合した。建前と本音もある。中学校でももめたが結局廃止された。何度話しても市教委の考えが変わらないのではどうしようもない」などと述べました。

11月までに決めると教育長

 これに対して小田教育長は「両方の意見がある。しかし現在38名、来年度から完全複式になる可能性もある。市内小学校の合唱コンクールで38名全員が歌ったのを聞いて感動した。教育を充実させたい。11月くらいまでに決めたい」と述べました。

 まちづくりと切り離してと田村市長

Kimg_1452

 

 最後にまとめとして田村市長は、「まちづくりと小学校統廃合は、切り離して進めてほしい。どちらになっても反対があると思うが、市教委としてしっかり決めてほしい。一方廃止するとなれば大変なこと。地域への影響は明らかなので、対策への財源は確保する」などと述べました。

市民尊重しない進め方は問題

 

 議員として参加したのは、私だけだったようです。

 PTAや連合町内会を中心に話し合いに努力されてきた住民の皆さんに敬意を表します。

 しかし、統合ありきとしか言えない市教委と市の態度は、廃止も決まっていない小学校を「地域資源」として扱った今回の説明で明らかです。これでは市民意見を尊重した進め方とは言えません。

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

2010年6月24日 (木)

東栄小学校の統廃合方針を9月までに決めるのは性急です 

 小さくても特色ある学校の具体的検討が求められています

 市議会6月定例会は、21日、22日通告質問が行われました。私は『菜の花観光と菜種農業』、『小中学校適正配置計画に、東栄小学校「22年度統合」、江部乙中学校「今後のあり方の検討進めます」を明記したことについて』をとりあげました。今日は東栄小学校に関する質疑答弁の概要です

Img_0695_convert_20100624070243

東栄小学校 児童数41名に

東栄小学校は明治40年に開校し一昨年110周年を迎えています。多くの卒業生を輩出してきましたが、児童数は減少し、18年度から複式学級が1学級でき、本年度は3学年3名と4学年8名で複式学級になっています。21年度は全校生徒46名でした。

小規模特認校提案に 「タイミングでない」

 質問の最後に私は、「特色ある教育として、小規模学校の長所をさらに伸ばす小規模特認校制度の検討を、保護者・専門家参加で行うこと」を提案しました。しかし小田真人教育長は「東栄小は平成24年度に完全複式になります。今小規模特認校などの制度では児童数を維持・増加していくことを考えられるタイミングではない」と述べました。

9月決定では 期間短すぎる

 

統合計画案を4月に発表してわずか5か月後の9月までに決定することにこだわる進め方を批判したのに対し小田教育長は、「23日の保護者説明会、7月15日の地域懇談会を経て成案にしたい。保護者の方々ともかなりの回数懇談をしてきた」と述べ、9月までに決定する理由については「適正配置計画は施設整備方針とも関わるので、23年度の予算に間に合う時期、今年度つくる教育推進計画でこの問題に触れたいので秋までに決定したい。」と述べました。

 アンケートは 結果分かれる

 

平成19年11月に「滝川市小中学校適正配置基本方針」を定め、①小学校は各学年2学級から3学級、中学校は各学年2学級から6学級が望ましい規模②規模基準を下回ると判断できれば学校の統廃合について検討するとしました。

これに対するアンケートが20年7月に行われその特徴は、①「各学年2学級から3学級が望ましい」が、全小学校保護者では82%だったが、江部乙小、東栄小は、1学級や複式でも良いという声が他校に比べ多かった。(東栄小では28%が複式でも良い。12%が1学級でも良い)②1学級以下になった時の対応については、小学校全体の保護者の回答でも、統合しない、あるいは統合しなくてもデメリットを補う努力をするという声が48%を占めました(東栄小は60%)

保護者・住民説明会は行ったが

 

東栄小学校区の参加者数は、保護者が20年12名、21年20名でした。その他にPTA役員対象に3回行われました。住民は21年に二回行われ各4名、13名、22年2月には45名が参加しました。今後6月23日保護者、7月15日住民説明会が行われます。

  

市政の重要問題として 提案とチェックに尽くします

日本共産党滝川市委員会は、今回行った独自の聞き取り調査を踏まえ検討し、小さくても特色ある学校としての存続を目指し、小規模特認校の提案を行いました。今後も子どもたちにとって最も良い選択をするため、時間を十分かけて検討するよう求めていきます。多くの市民が住民説明会に参加されることをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

2010年6月10日 (木)

積極的統合論者は 地元でお会いできませんでした

7BE4C22D-807E-4728-A8E2-1D2EA865B50A

100年以上の歴史があります。同窓の東滝川在住者の方は「計画の内容は、清水さんに聞いて初めて知った」と語りました。
288E364B-7302-46E8-9579-15BE30F9E0DB
上は太陽の塔の下の銘板です。同窓の意見も市教委は、十分に聞くべきです

AF57503C-871E-4484-80C4-A06BE8CF2BBB
駅から小学校に続く通りです。10人にお話を聞きましたが、賛成派は0でした。

はたやま和也さんのブログです

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

ベッドタウンになるはずが、小学校もなくなる?

9F36C2D0-844D-484B-8F7B-358858E79456

ニュータウンコスモスは、酒れた家が並ぶ住宅街。歩いていると「素敵な家とガーデニング」と思い、これは有名な人だろうと表札を見ると、やはりバリバリのお医者さん。個性的な家々では「老後は最高の街だったはずなのに」という、ため息が聞こえてくるようです。  なぜかというと、買い物も唯一の食料品店であるJA店舗の撤退を心配する毎日。JR駅もあり中央バスが通る38号も目の前なのに本数は、減り続ける。わずか20年で・・・何かおかしい滝川市の街づくり。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

はたやま和也さんのブログです

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

田園の小学校の幸せ

51D4E31B-177C-479B-903A-2996450CD17F

札幌や旭川の街の中の都会の小学校に通うのと、どちらが幸せだろうか。市教委は7校を5校にする計画だが、「1学年1学級以下の規模は適正でない」「複式学級があるから適正でない」
というのは、正論なんだろうか。

748F2C14-9252-40EA-9898-65D7C2AE8A50

A624448E-33B3-4094-86F4-148D921DF7A3

はたやま和也さんのブログです

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

水田に面した保育所

東滝川は、小学校の統合計画で、住民が心配されています。住民の納得は得られてないと思います。あきらめのような声、なんとか残してという声、全校生徒40人強の規模の今後を、よく考えたいと思います。 567D509E-B845-431F-88B0-D444FB11AB14

はたやま和也さんのブログです

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

フォト
無料ブログはココログ

滝川市・北海道・自治体関係

頼りになる道議会議員と予定候補

サイト集