2015年3月26日 (木)

相談がたくさん

市と住民の間に入り 議会でも取り上げ

地域を回り、政策をお話ししながら、多くの相談を受けます。

Kp1000212
写真は、側が飛び出たトラフです。

道路の改修について3カ所、除排雪3カ所、水道延長、ボランティアをしているが団体を公認してほしい、合葬墓の市設、ポプラの花粉、農村の側溝トラフ、エルムダム用水の散水機設置、相続法律相談、育児休暇中の保育所退所(1年限度)はおかしい、東栄中の統合時にスクールバスは部活に合わせると言ったのに、河川敷パークゴルフ場のボランティア管理で、芝刈り機のベルトを自腹で交換しているなどです。

逆に言えば、普段の対話が弱いということです。住民の声を届けられる市議を増やしましょう。

http://travel.blogmura.com/rpc/trackback/1/phs7sxplg5l5 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/phs7sxplg5l5 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

2015年3月20日 (金)

駅前にグライダーのモニュメント?いつ決まった?

18日、一般会計予算特別委員会(窪之内美知代委員長)が4日間の日程を終了しました。私(日本共産党・清水雅人)は、全質疑の半数にのぼる100件以上の質疑を行い、精力的に審議を行いました。

Kimg_0140


反対しました

採決の結果、私以外の7名の賛成多数で可決されました。これで4年間、新年度予算では、私以外の17名は、一度も反対・修正しなかったことになります。議会の役割は市長提案のチェックと修正と、私は思いますが?

なぜ反対したか 3年以内に貯金がゼロになる危機感無い

市は中期財政フレームで、平成29年度中にも基金が底をつくという見込みを示し、前田市長が、何もしなければという注釈付だとしても、「非常事態宣言」という言葉を記者発表で使い、市民が不安な眼で見ている中で編成された予算であることが、今回の予算案の最大の特徴です。

ところが、市の事業について「聖域なく見直す」という言葉と裏腹に、不要不急な建設事業の見直しがされた形跡は見られません。

駅前広場事業のグライダーモニュメント 市民は知らない

市民自慢のパークゴルフ場の後半工事、駅前広場事業のモニュメントとしてのグライダー設置や太陽光発電設備を、何の変更もなくそのまま続けることはいかがなものでしょうか。

グライダーを載せる土台などの設計委託に144万円、土台の建設に200万円。グライダーは毎年グライダー協会が春に設置、冬前に取り外すということです。毎年の費用は協会負担とのこと。質疑に対し、「市民会議で議論していただいた」「外国人観光客にも人気が高い。市のイメージとしてグライダーはオンリーワン」など、高すぎる評価です。

Imageekimae

しかし、委員会が終わってから、グライダーの計画を市のホームページで調べてみましたが、見当たりません。http://www.city.takikawa.hokkaido.jp/240kensetsu/02tosikei/ekimaeseibi.html

http://travel.blogmura.com/rpc/trackback/1/phs7sxplg5l5 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/phs7sxplg5l5 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

2015年3月14日 (土)

年収の6割のローンを抱える滝川市は健全です

予算審査特別委員会が 昨日から始まりました

「このままいけば非常事態宣言」と前田市長が記者発表で言った市の財政について、資料請求しました。出された資料が明快です。

P10001792

請求した資料の内容は、新規借り入れを除く一般会計の借入残高見込みです。
この中で大事な数字は、左から3列目の②「臨時財政対策債を除く現在高」約43億円です。単位は千円です。

今後市は新規に毎年6億円の借入を起こす計画なので、その5年分30億円足すと73億円になります。さらにその後の5年間も、6億円ずつ借り入れるとすると10年後は、75億円です。

滝川市の標準財政規模(市税、地方譲与税、普通交付税等の一般財源)は約120億円なので、その6割程度というところです。一口でいえば、「家計の年収の6割のローンを、常に抱えながら生活する」というようなことです。国は、収入の10倍のローンがあり、これがさらに増えていくのと比較すれば、私は非常に健全なローンだと思います。その意味を、毎日少しずつ考えていきます。

http://travel.blogmura.com/rpc/trackback/1/phs7sxplg5l5 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/phs7sxplg5l5 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

2015年3月13日 (金)

プレミアム商品券 平均1人1万2000円の巨額

4月11日販売 予約往復葉書消印は4月7日 周知期間が短すぎる

巨額のプレミアム商品券は、交通弱者や高齢者が購入しやすくすべき

プレミアム商品券事業への賛成討論を、市議会ネット中継でごらんください。

http://www.ustream.tv/recorded/59468170/highlight/609097

ハイライト作成がまだ慣れないので、2分30秒から見て下さい。質疑は本編の59分から1時間48分で見れます。

Kp10000152
滝川市議会は、補正予算は本会議で行うので、長く感じるかもしれませんが、予算特別委員会に付託する議会では、もっと活発な質疑が行われていると思います。ただ、本会議しかネット中継や録画はアップしていないので、その点も考慮は必要でしょう。...

私は、本会議での資料請求ができるように議会運営委員会で提案していますが、実現していません。資料請求ができれば、質疑は短時間化できます。

4期目は、議会運営上の提案も数多く行ってきました。5期目は完成度の高い議員活動で、市民に開かれた議会を目指します。

http://travel.blogmura.com/rpc/trackback/1/phs7sxplg5l5 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/phs7sxplg5l5 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

2015年3月12日 (木)

無届老人ホームが3ヵ所 安全の確保が焦点です

11日、一般質問がありました。第一回目です。

無届老人ホーム3か所
市民に知らせない」は問題

Kp1000007


清水 有料老人ホーム(介護や食事を提供する施設)は、届け出が必要ですが、2013年10月末現在、道内では431件が末届けであることが 4日、道議会で明らかになりました。市内、及び中・北空知の、無届けの状況を伺います。

保健福祉部長 市内は3ヵ所、中・北空知はわかりません。

清水 その3施設は、3月に策定される高齢者計画の第4章高齢者の住まいに記載されているのではないか。

保健福祉部長 載っていません。(再確認したが否定を繰り返しました)

本会議後、改めて所管課長に確認すると、記載されていることがわかり、20日の本会議で訂正と謝罪が行われます。清水議員は、計画案に記載されている場合は、法令違反の施設であり、安心して住める施設ではないのだから、削除を求める予定でした。その点で質問妨害にも当たる答弁と言わざるを得ません。

清水 無届ホームについて市民からの問い合わせに対して無届とか、避難口がないとか、スプリンクラーが無いとか説明しているか。

保健福祉部長 市の所管では概要を説明するが、あとは個人の契約なので、無届については話しいません。

清水 老人福祉法違反の施設にそんな甘さでいいのか。無届ホーム問題はどこが無届かがわからないことなのです。市民は無届ホームだけは入りたくないと考えています。その気持ちがわからないのですか。

保健福祉部次長 ホームの開設後に基準が改正されました。届出していない施設についての対応は、道から通知が来ていません。

 上記のような質疑・答弁でした。無届老人ホームと言っても、安全性などは様々です。実態として施設が少ないために必要とされ、入居していることも事実です。しかし、あまりにも安全性が低い施設については、どう改善していくのか、国政と地方政治の役割が問われています。

日本共産党としても、近くの無届施設の調査を行うなど、積極的に提案していく予定です。

http://travel.blogmura.com/rpc/trackback/1/phs7sxplg5l5 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/phs7sxplg5l5 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

2015年3月 9日 (月)

実績と政策 滝川民報号外3.4月号

市議選に向けた政策を中心にした滝川民報号外 3.4月です。ご意見下さい

http://shimhi.up.seesaa.net/image/minpougougai2015.3.4shimizu.pdf

表面

Kimageminpougougai201534shimizu

裏面

Kimageminpougougai201534ura

http://travel.blogmura.com/rpc/trackback/1/phs7sxplg5l5 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/phs7sxplg5l5 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

市議選政策集です ご意見下さい 

市議選に向けた政策集です。目一杯時間かけましたが、今後の活動の基本にしていきます。ファイルはhttp://shimhi.up.seesaa.net/image/2015.3shigisenseisaku-web-b2628.pdf

です。ご意見お待ちしています。

Shigisenseisaku1men

http://travel.blogmura.com/rpc/trackback/1/phs7sxplg5l5 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/phs7sxplg5l5 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

2015年1月11日 (日)

滝川民報 基金が3年でゼロに?

滝川民報1月11日号

2015111_minpou_kami_p1
2ページ

2015111_minpou_kami_p2



昨年11月に厳しい財政試算が示されました。日本共産党市議団の見解を今週の民報「2015.1.11 minpou.pdf」をダウンロード

に掲載しました。収支不足年5.5億円の3分の2は、消費税増税・電気料金値上げ・土地開発公社借金返済・人口減少と景気低迷など、国の悪政が原因です。

抜本的な所得増政策→賃金と中小企業を守る国政への転換が必要です

その場しのぎの地方創生に騙されることなく、低賃金と中小企業切り捨ての格差政治を変える、抜本的な国政転換が必要です。

そういう中で、どのような市政運営が必要か、日本共産党市委員会の市議選に向けた政策・提案を作成中です。

http://travel.blogmura.com/rpc/trackback/1/phs7sxplg5l5 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/phs7sxplg5l5 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

2015年1月 3日 (土)

滝川民報1月号外

明けまして おめでとうございます 

総選挙、12月議会、水道請願、年末と多忙でしたが、なんとか新年を迎えることができました。

民報号外をご覧ください。政務調査費問題は、道新が報じただけなので、知らない市民が多いのではと思います。1面です。

Image20151gougai1
2面です。

Image20151gougai2

今年こそ、政治を変える年にしましょう

暮らしと経営、子育てとお年寄りの生活、安心できる社会を実現する第一歩を踏み出しましょう。

約束を破る政党政治家、沖縄県民の多数意思を尊重できない政党政治家、目先の経済性を原発の危険性と廃棄物より優先する政党・政治家に、多くの国民が不信感を募らせています。

企業に賃上げを求めることは、制度で固定化された派遣・パートなど非正規低賃金労働者の賃上げにはつながりません。安倍自公政権の格差拡大政策にも国民は厳しい眼を向け始めています。

政務活動費・自衛隊駐屯地増強など大事な問題で、市民には説明しなくても良いという議員や市長に、厳しい眼を向けましょう。私たちの社会を良くするための議員や市長なのですから。

http://travel.blogmura.com/rpc/trackback/1/phs7sxplg5l5 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/phs7sxplg5l5 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

2014年5月19日 (月)

議会報告5月号 臨時市議会で判決無視でいいのでしょうか

2014.5第2号http://shimhello.news.coocan.jp/gikaihoukoku2014.5-2.pdf   です。

17日発行のプレス空知、20日発行の読売・朝日・毎日折込みです。事件が全国に衝撃を与えた幕引きを、滝川市長と市議会がどのようにしようとしているのかを、お知らせします。

生活保護タクシー代2億3886万円支給に対する住民訴訟は、4月25日高裁判決5月13日判決確定しました。ところが「違法・重過失・注意義務違反で総額1億3465万円の損害賠償の請求・命令を行え」との判決を受けたはずの、被告前田市長は、わずか3日後の16日臨時市議会を22日に招集する告示をしました。

議案は、債権を全額放棄する内容です。裁判で負けても従わないという議案です。思わず、「それが通るなら、何のために裁判はあるのか」と考えてしまいます。

これには歴史があります。神戸市、大東市、ひかり市の市長に対する住民訴訟の途中で、高裁判決の前に放棄議決を行い、それを踏まえた最高裁判決が出されたのです。それによると、裁判で負けても、議会で債権(損害賠償請求権)を放棄する議決が出た場合、一定の条件のが充たされれば、判決に従わなくてよいのです。

ややこしいのですが、住民訴訟では首長等に数千万円~数十億円の損害賠償請求・命令をする判決が出ること「も」あるのです。違法だが、過失の程度は、「重過失ではない場合」などを最高裁は想定しているようです。滝川市には当てはまらないというのが、私の考えです。

お時間があれば、議会報告をお読み下さい。

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ

滝川市・北海道・自治体関係

頼りになる道議会議員と予定候補

サイト集