2011年6月 7日 (火)

日本共産党生活相談所に多くの市民 青柳省三市議団事務局長が日本共産党滝川生活相談所長です

 

4月の統一地方選挙でかかげた「市民のくらしといのちを守る」公約実現の一つとして、生活相談活動があります。5月の活動状況です
Kimg_2426

12号線西側のJAたきかわ直営産直店「菜の花館」をご利用下さい。北滝の川にあるJAたきかわ本所、ホクレン給油所の向かいにあります。

 

生活保護申請

病気、高齢、失業などでその日の食べ物や、住居に困っての相談が相次ぎ、5月だけで8件の相談を受け、3件が保護申請しました。残りの5件は、他の施策による生活再建など継続支援しています。通勤費が支給されていなかった受給者については、遡及して支給されることになりました。

生活の立て直し
生活保護を受ければすべて解決するわけではありません。住居探し、保証人探し、引っ越し、家具設備の調達など2人の方について行いました。
 

余っている家具・電化製品の協力を
相談者には、東日本大震災被災者の方もおられます。日本共産党が責任を持ってお届けしますので、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、テレビ台、ラジオ、掃除機、食卓(テーブルと椅子)、食器棚、衣類棚などの協力をお願いします。
連絡先

日本共産党滝川生活相談所長 青柳省三 090 6871 6873

日本共産党市議会議員 清水雅人 070 5610 8949

国保税減免 
失業で収入が半減した方からの相談です。市の国保税減免制度の活用について市民課に申請することにしました。その結果、2011年の収入見込みがはっきりする秋ごろに申請することになりました。 

医療相談
 入院中の看護についての苦情相談です。市立病院では4月から食事時の給茶を廃止しまし、希望者は各階のデイルームで湯は自由に使えます。今月はじめ、動けない患者さんが朝「のどが渇くのでお茶が欲しい」と頼んだところ、「自分でお願いします」という返事でした。その他の苦情と合わせ、看護師長を交えて相談しました。看護師長は患者と看護師の意思疎通、看護師間の意思疎通の改善を約束しました。
 

金融相談
自己破産の前に過払い請求が必要になり個人では手続きが難しくなっています。弁護士に過払い請求と自己破産を依頼しました。
 

法律相談
交通事故で、一方的に相手が悪いと思われるのに、簡易裁判所に提訴されています。弁護士から適切なアドバイスを受けました
 

町内会の立て直し
金銭トラブルなどで役員の成り手がいないなどのトラブルから立て直す相談を受け、継続して支援しています。
 

その他
家のリフォームトラブル、中学生いじめ不登校、遠距離の高等養護学校への障がい児の送迎、「近所の人がひきこもっている」、地デジチューナー要望、側溝改修2カ所、などについて継続中です。

はたやま和也さんのブログです

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2011年3月29日 (火)

市政アンケート続々と返信されてきています 市民生活の厳しさが浮彫です

中旬から配布した議会報告が読まれています。今日選挙事務所に来た方は、55歳で課長職に採用していたことなど不公正な田村市政についてよくわかったと述べていました。

Kimg_2339

(写真は道の駅の展示)

セットにした市政アンケートも返信用封筒で戻ってきています。

「ankeito_gikaihoukoku2011.3.pdf」をダウンロード

ブログ読者の方もぜひ、記入の上、メールshimhello@ybb.ne.jpかFAX0125745888で返信して下さい。

はたやま和也さんのブログです

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2011年2月 9日 (水)

生活相談事例12 孤独死した人 せざるを得ない人 孤独死して預貯金を国庫や知らない親戚に持っていかれる人 まじめな人を救い切れていない法と制度を改善しよう

重度障がい者の親が亡くなったり

          認知症になる事例が増えている

 昨日の相談者は、母親が高齢で亡くなり父親が認知症で特養に入所している、知的障がい者の親族からでした。「いとこ」関係の深さは人それぞれでしょうが、「自分が、いとこの世話を焼かなければ、孤独死していたであろう」と言っていました。

 また「知的障がい者手帳はA判定ですが、障がい程度区分が2なので、施設の短期入所しかできない。なんとか、延長の連続で5月まで持たせなければならない。施設で受け入れてくれなければ、いとこを自宅に引き取らなければならない」というものでした。

 成年後見人制度をまず申請

 私は、成年後見制度の申請に向け弁護士などに相談することがまず必要と言うと、それははじめていました。しかし、時間と手間がかかるので「大変だ」と言っていました。

成年後見人制度は、後見人になる資格が家族のほか弁護士や司法書士など特別な方に限られます。しかし、お金の出し入れのチェックができるようにするため、家族の場合は、結局は法律の専門家との共同作業になります。

このような相談は、①身寄りが無い②居ても相続にいろいろ問題がある方が対象ですから、相談自体少ないのです。

 しかし、5年くらい前の相談で弁護士に相談すると、「まだ、認知症とは言えない。もう少し進んだらもう一度相談してほしい」ということになりました。しかし・・・・・。その2か月後くらいに入院先で心臓病で死亡しました。

 最低でも 遺言書を作っていれば

 世話をしていた人が、入院中の手紙を届けていました。2千万円くらい貯金があると聞いているがどうしたら良いか、行政に聞くと、このままでは、国が没収することになると言われました。そこで、このはがきの住所に手紙を書いたところ、「親戚とは縁を切った。死んでも連絡するな」と言っていた甥、姪があらわれ、2千万円持って行ったということがありました。遺言書を作っていればと思いますが、それができないのが、孤独高齢者問題なのです。

 福祉施設や老人病院は 

   金銭管理してくれるので 最初に利用したい

   社会福祉協議会も 準ずる制度実施

 福祉施設入所の場合は、施設で、ほぼ満足できる金銭管理と生活管理、相談を受けてくれるので安心です。(これを逆用する犯罪もあるが)。

社会福祉協議会にも、準ずる制度があります

多いのは、「食い物」になっている例です。認知症になると、心を許す知り合いに貯金通帳の暗証番号や印鑑を渡してしまい、何百万円も引き出されている例が多くあります。しかし、警察も行政も踏み込めず、結局は親戚を探して、連絡して、来てもらって、通帳と印鑑を預かってもらうという作業を誰かがしなければなりません。

 結局、当面の緊急対応として、障がい者区分の変更を求めることについて、私が制度的なことを調べることになりました

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2011年1月 1日 (土)

生活相談事例 10 障がい認定

私の原点

私の社会活動の原点の一つが障がい者の地位向上です。
娘が先天性の 障がいであることがわかったのが4歳の時、専門病院でのDNA検査でした。道内の総合専門病院は道立2病院、旭川肢体不自由児総合療育センターと札幌子ども総合医療・療育センターしかありません。旭川には、釧路方面からも来ていました。

 滝川市内の施設が充実してきた

 また支援施設は各地にあり、滝川市は こども発達支援センターを運営し、保育士・言語聴覚士・理学療法士が100人ほどの子どもの療育を支援しています。

Ryoikucenter_play

子ども発達支援センター

 わが子に何らかの障がいや遅れがある親は、これらの専門家や市役所の福祉課、学校の教員に相談するだけではなかなか解決しません。しかし議員として関わって解決できることはそう多くはありません。  

 しかし、親や支援する人たちのパワーは偉大です。滝川市でもほほえみ工房が2千万円の基金を集め、共同作業所から社会福祉法人滝川ほほえみ会へと法人化を果たし、20人近い指導員がいる施設となり、多くの子どもたちと家族に希望を与えています。

 重度心身障がい児(者)の家族が中心となり、1万人以上の署名を集めるなどショートステイやデイサービス施設が待望されていました。社会福祉法人北海道療育園滝川通園事業所 たんぽぽの家(デイサービス)の開園はビッグニュースでした。

 精神障がい者の「特定非営利活動法人 若草友の会共同作業所」 も発展しています。利用者が50代、60代となり、家族が高齢化しているため、家族の支援はあまり期待できないため、大きく飛躍するのが大変です。支援の輪を広げて下さい。

運営母体が社会福祉法人というのは滝川市が社会福祉法人滝川市社会福祉事業団に指定管理代行をしていただいている、更生園、新生園だけだった10年前からの変化は絶大です。

障がいを持ちながら成人し 普通に暮らして困窮する方々

 日本共産党議員が最も即効性のある結果を出せるのは、普通に暮らしてきたが、子育てや金銭管理、仕事の人間関係などで限界が生じ相談に来る例です。

 私は相談を受けてその疑いを感じると、説明をして理解をいただいた上で、2ケタの足し算などをしてもらうなどして、障がい認定の手続きをするよう勧めます。しかし、拒否される方もいます。ここまで頑張ってきたんだから、肩の荷を下ろしてもいいと思うのですが。

最近、ホームレスの34%がIQ70以下の障がい者の疑いがあるという調査結果が報じられた。「千葉県市川市職員で路上生活者支援を担当する奥田浩二さん(53)ら臨床心理士、精神科医、大学研究者ら約20人。池袋駅周辺で路上生活者を支援する市民団体と協力し、本格的な研究の先行調査として昨年12月29、30日に実施。普段炊き出しに集まる20~72歳の男性168人に知能検査を受けてもらい、164人から有効回答を得た」(2010年3月2日 毎日新聞配信)というものです。ホームレス以外にも多くの方が困窮しています。そのような方々と家族が相談しやすい環境づくりが必要です。

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2010年12月30日 (木)

生活相談事例 その9 75歳以上夫婦の年金差し押さえられた

差し押さえ可の老齢年金とはいえ

国税徴収法 第77条(社会保険制度に基づく給付の差押禁止)で、 退職年金、老齢年金、普通恩給、休業手当金及びこれらの性質を有する給付が、差し押さえ禁止から除外されているが、今回の相談事例は、75歳と79歳の老夫婦。

 夫16万5000円、妻3万5000円、二人合わせて20万円。滝川市はこのうち、夫の年金を厚生労働大臣に差し押さえ申請し、許可を受け、差し押さえ調書を世帯に送った。

 夫は病気が重く、6月~7月に入院し、9万円の医療費も滞っている。血液の病気と言われ13種類の薬を飲んでいる。この法律では当然のように差し押さえが全額許されているわけではなく、最低生活費として、本人10万円、扶養家族1人4万5000円と、社会保険料を控除し、さらに16万5000円から引いた残りの2割を控除する。その結果の差し押さえ金額は年金支給ごとに約2万円であることが、28日に税務課に夫婦と行き判明した。

市からの郵便物には、「差し押さ調書」が入っているだけで、いくら差し押さえるのかも書かれていなかった。不安になり日本共産党に相談に来たものです。この夫婦は、病気が重くなるまでの10数年間は、完全に納付してきた普通の市民です。このように重い病気で生活が苦しくて支払えなくなったとたんに差し押さえるという滝川市の実態です。 

 私は税務課長と相談者の間に入る形で、改善・中止を求めましたが、ダメでした。ブログをごらんの皆さん、税務課対策など、ご指導いただければと思います。

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 滝川情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2010年12月20日 (月)

生活相談事例 その4

大変多いので印象深いものをまず紹介します。
Kturara_keinan
12年前、初めて立候補するときの公約
に入っていたと思います。道営啓南団地4階建の お化けつらら (写真程度ではありません。)が落下してあわや死亡事故。私の体の何倍もあるようなつららが、ベランダに巻き込むようになり、「すがもり」もします。「いのちに関わる。責任もって落とすこと」を求めました。
その結果、建設会社に委託して、屋根に上り、落とすようになりました。 その後、市営一の坂団地(5階建)でも、落下した大量の氷がベランダのドアをぶち破り、あわや大惨事。幸いにして隣の部屋にいて助かりました。当然のように市内すべての3階以上は上るようになりました。2階以下は、今でも入居者責任で改善が必要です。
近代建築の
     1階と2階、2階と3階、3階と4階の
                   つなぎ目から浸水
②市営新町身障者住宅4階建ての階段壁に水平の亀裂。そこから浸水凍結して階段がツルツルに。転んでけがをした人もいました。水平亀裂の場所が調度、階と階の間なので、「まさかのような話だが階と階の継ぎ目があって、外から浸水しているのでは」と住宅課に調査を求めましたが、
 
 当初は「外から浸水するような継ぎ目はない。内壁の結露だから仕方ない」と言っていました。しかし、「良く調べると、階の上に階を乗せているので、継ぎ目に隙間ができて浸水している」となり、パテ補修をすることになりのした。
 老朽化するとこんなことが起こり得るのかと、今でも信じがたい気持ちです。

全国ブログランキングに参加して、交流を広げていますいます。クリックご協力お願いします。http://politics.blogmura.com/ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2010年12月19日 (日)

生活相談事例 その2

この方も生活保護の事例です。重い病気にかかりましたが生命保険が役に立ちません。入院1日目から7千円に入っていたのに、今の癌治療は1か月に2日入院だけです。生活に困りやむなく解約しました。http://shimhello.news.coocan.jp/

生活相談事例 その1

12月16日。扇町の共産党事務所に40代の男性から「もう限界です」の電話が入りました。生保申請書を18時半頃市役所で提出。所持金数十円、電気、ガス、電話停止。これでは死んでしまう!とにかく北電に電話し電気を通し、灯油買いに行きました。

フォト
無料ブログはココログ

滝川市・北海道・自治体関係

頼りになる道議会議員と予定候補

サイト集